Ivoclar Vivadent
Japan

Search

IPS e.max プレス

magnifying glass

IPS e.max プレスは、プレステクノロジーのためのニケイ酸リチウムガラスセラミックスです。

IPS e.max プレスは、400MPaの強度を誇りながらも同時に適合の正確性、審美性を兼ね備えています。インゴットには、1つのサイズ(Mサイズ)からなるグラデーション付きMulti インゴットと、2つのサイズ(S、Lサイズ)からなる5段階の透明度(HT、MT、LT、MO、HO)およびインパルスがあります。

インゴットは、ケースや製作テクニック(ステイニング、カットバックまたはレイヤリングテクニック)に応じて選択します。修復物は、色調に合ったIPS e.max セラム シェード・エッセンス材または陶材を使用してキャラクタライゼーションをすることにより、支台歯のシェードに関係なく自然に見えます。

ケースにより、IPS e.max プレスの修復物には、接着性レジンセメント、セルフアドヒーシブタイプのレジンセメント、または従来型セメントがそれぞれ使用できます。接着には、バリオリンクⅡ、バリオリンクベニア、マルチリンクオートミックス、スピードセムをお勧めします。

Multi インゴット(グラデーション)
Multiインゴットは、インゴット自体が歯頸部から切縁部まで天然歯のように自然なグラデーションを持つセラミックスです。ステイニングやカットバックテクニック用で、10種類のA-Dおよびブリーチシェードがあります。前臼歯クラウン、ベニアだけでなくインプラント上部構造(1ピースタイプのクラウン)を効率的にプレスし、グレーズのみで仕上げることができます。

HT インゴット(高透明度)
HT (ハイトランスルーセンシ―)インゴットは、ステイニングやカットバックテクニック用で、20種類のA-Dおよびブリーチシェードがあります。高い透明度により、特に小さな修復物(インレー、オンレー)の製作に適しています。HTで製作した修復物は、天然歯に対しカメレオン効果を発揮し、周辺の歯質と高く調和します。

MTインゴット(中透明度)
MT(ミディアムトランスルーセンシ―)インゴットは、10種類のA-Dおよびブリーチシェードがあります。HTとLTの中間程度となる透明度で、ステイニングやカットバックテクニックにより、HTより明度が高く、LTより透明度が高い修復物を製作できます。

LTインゴット(低透明度)
LT(ロートランスルーセンシ―)インゴットは、ステイニングやカットバックテクニック用で、20種類のA-Dおよびブリーチシェードがあります。インゴットは色相に合わせてシェード付けされているので、ステイニングや陶材築盛を最小限に抑えられます。

MO インゴット(中不透明度)
MO(ミディアムオペーシティ)インゴットは、レイヤリングテクニック用で、5種類のシェードがあります。若干変色した支台歯上のフレーム製作に適しており、IPS e.max セラムを築盛して歯冠形態を回復します。シェードの濃度が高くなると、インゴットの蛍光性は減少します。

HO インゴット(高不透明度)
HO(ハイオペーシティ)インゴットは、レイヤリングテクニック用で、3種類のシェードがあります。高い不透明性のため、失活歯または重度に変色した支台歯のフレーム製作に適しており、メタルコアを一部カバーする場合にも役立ちます。高い不透明性で下部構造をマスキングし、支台歯のシェードが非常に濃く色調再現が困難なケースでも、生活歯のような修復物を製作できます。

インパルス インゴット
明度が違う2種類のオパール(O1、O2)があり、陶材築盛せずにオパール効果を再現する、エナメル質を再生させたようなシェードです。主にシンベニア(0.3mm)のようなMIを重視した修復物の製作にも適しています。
従来のバリューインゴット(V1、V2、V3)は、新たに加わるMTインゴット(B1、BL4、BL3)で対応します。

 

特長

  • 高強度(400MPa)と推奨のセメント接着による長期安定性
  • 豊富なシェードで、ケースに応じて再現できる天然歯のような審美性
  • グラデーション付きMultiインゴットによる効率的な製作
  • 5段階の幅広い透明度およびインパルスによる柔軟性
  • MI修復にも適した、適合性が高い修復物

 

適応範囲

  • シンベニア(0.3mm)、ベニア
  • テーブルトップ(咬合面のベニア)
  • インレー、オンレー
  • パーシャルクラウン、クラウン
  • 支台歯として第二小臼歯までの3本ブリッジ
  • インプラント上部構造(2ピースタイプ、1ピースタイプ)

 

許認可
一般的名称:歯科加圧成形用セラミックス
販売名:IPS e.max プレス
認証番号:220AGBZX00010000
管理医療機器

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close