Ivoclar Vivadent
Japan

Search
magnifying glass

イボクリーン

どうしていますか? 修復物試適後の清掃

唾液による補綴物の汚染は、接着力の低下をまねきます。通常、補綴物の口腔内試適後のクリーニングにはリン酸エッチングが多く使用されていますが、これは万能ではありません。特に、酸化ジルコニウムや卑金属でリン酸エッチング材を使用したクリーニングをすると、接着に必要な化学反応が先に起こり、逆に接着力の低下をまねいてしまいます。イボクリーンは、唾液による修復物内面の汚染を効果的にクリーニングします。だから、修復物とレジンセメントの強固で持続的な接着が可能です。

特長

  • 試適後の唾液等による修復物内面の汚染を効果的にクリーニング
  • 塗布して20秒待ち、水洗・乾燥するだけ
  • あらゆる材料に使用可能(ガラスセラミックス、間接修復用コンポジット、酸化ジルコニウム、酸化アルミニウム、貴金属、卑金属)
  • 特に酸化ジルコニウムや卑金属で高い効果を発揮
 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close