Ivoclar Vivadent
Japan

Search
magnifying glass

バリオリンク エステティック

1993年より愛され続けたオールセラミックス接着の定番”バリオリンク”が、バリオリンク エステティックとして審美性や操作性をさらに追求し、新登場。

LC(光重合型)とDC(デュアルキュア型)で、審美修復をサポート

LCは重合のタイミングをコントロールできる光重合型のため、ポジショニングが重要なベニアの接着でも、術者のタイミングで光硬化できます。デュアルキュア型のDCはIPS e.max 二ケイ酸リチウムはもちろん、高透過性の酸化ジルコニウムまで、幅広い用途に対応します。

余剰セメントの除去がより簡単に

余剰セメントは装着時スムーズに流れ出て、セメントラインに安定して留まり、予備重合で簡単に除去できます。 

アミンフリーで長期に渡り審美性をキープ

変色の原因となるアミンを含まないため長期色調安定性に優れています。
強い光の下でも水中浸漬前後でも修復物の色調が変化しません。

magnifying glass

LC / DC共通のシェードを採用

ライト+、ライト、ニュートラル、ウォーム、ウォーム+
「ニュートラル」を中心に、「ライト」と「ライト+」は修復物の明度を高め、「ウォーム」と「ウォーム+」は修復物の明度を抑えて暖かみを与えます。
また、高いカメレオン効果により、1つのシェードで様々なケースをカバーします。

VariolinkEsthetic_Stepmagnifying glass

適応

オールセラミックスまたは歯冠用コンポジットレジンで製作した修復物
LC:厚みが2mm未満のベニアまたはインレー(IPS e.max HTなど、十分な光透過性を有するもの)
DCインレー、クラウン等

Q&A
 

  • DCの操作時間と硬化時間は?
    口腔内で、操作時間は約2分間、硬化時間は操作時間を含む約4分間です。
  • 光量と照射時間は?
    セラミックスの場合(厚さ1mm・1部位につき)
    光量500~1,000mW/cm2 で20 秒、光量1,000mW/cm2以上で10 秒
    隣接部のマージンから始め、部位ごとに照射してください。
  • シリンジの使用回数は?
    DC(5g):約8~10 歯分
    LC(2g):約4~6 歯分
  • 保管方法は?
    2~28℃で保管してください。
  • LCとDCで同じTry-Inペーストを使用できますか?
    使用できます。どちらも同じシェードなので共用できます。
  • ベニアの接着にDC を使用できますか。
    口腔内での操作可能時間が約2分間のため、一度に多数のベニアを接着する場合は、
    術者のタイミングで重合できるLCを使用してください。
magnifying glass

製品内容

  • バリオリンク エステティック LC リフィル 各2g
  • バリオリンク エステティック DC リフィル 各5g
  • Try-In 各1.7g(LC / DC共通) 
  • žシステムキット LC (EP) (シリンジ 2g×3種、Try-In 1.7g×3種、アドヒース ユニバーサル VivaPen 2mL、モノボンド エッチ&プライム 5g、各種付属品)
  • システムキット DC (シリンジ 5g×3種、Try-In 1.7g×3種、アドヒース ユニバーサル VivaPen 2mL、モノボンドプラス 5g、各種付属品)

*各システムキットに入っているシェードは、ライト、ニュートラル、ウォームの3種類です。

許認可
販売名:バリオリンク エステティック
一般的名称:歯科接着用レジンセメント
認証番号:227AGBZX00001000
管理医療機器

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close