Ivoclar Vivadent
Japan

Search
AllCeramics_system

IPS e.max for Technicians

IPS e.maxは、プレステクノロジーとCAD/CAMテクノロジーを使用するオールセラミック システムです。これまで、1億以上の修復物に使用され*、98%の満足度を得ている**、世界で一番使用されているシステムがIPS e.max システムです。
このシステムは、二ケイ酸リチウム、酸化ジルコニウム、ガラスセラミックスから構成され、症例や皆さまのスタイルに合わせて製作方法、材料を選択可能です。

シェード、透過性のコンセプトを統一することで、口腔内すべての症例をこのIPS e.max システムで製作できます。

*売り上げに基づく
** Corporate Marketing Insight Ivoclar Vivadent AG, Liechtenstein

二ケイ酸リチウム

平均 曲げ強度500MPaを誇るIPS e.max 二ケイ酸リチウムは、以下の要件を満たせば臼歯部クラウン1mmの形成が可能です。

— 接着性レジンセメントの使用(例えば、バリオリンク エステティックDC)
— 支台歯のビルドアップへのコンポジットレジンの使用(例えば、テトリックNセラム バルクフィル)

詳細は、こちら➡︎

酸化ジルコニウム


IPS e.max ジルキャドは、イットリウム安定化ジルコニアです。曲げ強度850MPa以上でマイクロクラックを打ち消す特性があるため、破壊強度はガラスセラミックの2倍以上です。焼成前のIPS e.max ジルキャドはチョークのような状態にあるためCAD/CAM機器で簡単に加工できます。

それぞれの材料の詳細は、以下からご覧ください


IPS e.max プレス

二ケイ酸リチウム /プレス用インゴット

IPS e.max キャド

二ケイ酸リチウム / CAD/CAM用ブロック

IPS e.max ジルキャド

酸化ジルコニウム / CAD/CAM用ブロック、ディスク

IPS e.max ジルプレス

フルオロアパタイト ガラスセラミックス / 酸化ジルコニウムフレーム用プレスインゴット

IPS e.max セラム

フルオロアパタイト ガラスセラミックス / オールセラミックス築盛用陶材

IPS e.max アクセサリー

IPS e.maxの製作をサポートする製品

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close