Ivoclar Vivadent
Japan

Search
magnifying glass

IPS e.max ジルキャド

IPS e.max ジルキャドは、イットリウム安定化ジルコニアのブロックです。臼歯部ブリッジのように、高強度を必要とする症例に適しています。

IPS e.max ジルキャドは、事前にシンタリングされ、イットリウムで安定化されたCAD/CAMテクノロジーのための酸化ジルコニウムブロックです。曲げ強度900MPa以上でマイクロクラックを打ち消す特性があるため、破壊強度はガラスセラミックの2倍以上です。焼成前のIPS e.max ジルキャドはチョークのような状態にあるためCAD/CAM機器で簡単に加工できます。

IPS e.max ジルキャドのブロックは、セレックinLabまたはinLab MC XL システムでミリングし、フレームワークを製作した後、プログラマットS1でシンタリングします。シンタリング後、フレームは最終的な大きさに収縮し、高い破壊靱性を得ます。

シンタリング後、IPS e.max セラム レイヤリングセラミックスを使用し築盛するか、あるいはIPS e.max ジルプレスを使用してプレスします。IPS e.max ジルキャドは、前歯部と小臼歯の両方に及ぶロングスパンブリッジに適応します。

新たに登場したキャドオンテクニックにより、IPS e.max ジルキャドで製作したフレームワークは、高強度のIPS e.max キャドと組み合わせて使用できます。4本までのブリッジ製作が可能になりました。

特長

  • 高強度で生体親和性がある
  • 高い曲げ強度(>900MPa)と高い破壊靱性があるため、ロングスパンブリックの製作ができる
  • 色付きブロックとカラーリングリキッドによるシェードの適応性が広い
  • IPS e.max セラムを使ったベニアとIPS e.max ジルプレスを使ったプレス製作で、幅広い症例に適応
  • プログラマットS1で素早くシンタリングできる
  • IPS e.max キャドオンテクニックを使って、IPS e.max キャドとの組み合わせができる

適応

  • 前歯及び臼歯の修復物用フレームワーク
  • 前歯から臼歯に及び範囲の3-12ユニットブリッジ
  • インレーブリッジのフレームワーク
  • テレスコープクラウン
  • インプラント上部構造体(単冠とブリッジのフレーム)
  • インターロッククラウンのフレーム

 

許認可
一般的名称:歯科切削加工用セラミックス
販売名:IPS e.max ジルキャド
認証番号:220AGBZX00009000
管理医療機器

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close