この製品は、「Fixed Prosthetics – ラボサイド (固定式補綴物)」に分類されます。

magnifying glass

プログラマット S1 1600

プログラマット S1 1600は、IPS e.max ジルキャド等の酸化ジルコニウム専用シンタリングファーネスです。コンパクトな設計で最高温度は1600℃でシンタリングできます。

 

長時間のシンタリングは過去のものです。プログラマット S1 1600を使用すれば、酸化ジルコニウム製の単冠(クラウン)はわずか75分、4本までのブリッジであれば、わずか90分でシンタリングできます。

 

優れた性能

ラボ(技工所)にとっては、シンタリングが短時間で済み、効率性が向上します。酸化ジルコニウム製の単冠(クラウン)やブリッジを1日で製作できます。シンタリング時間の短縮で、酸化ジルコニウムの高い強度と適合性を損なわないことが研究でも示されています。さらに、省エネ設計となっています。

 

特長

  • 最高1600℃のシンタリング温度
  • 最短で単冠(クラウン)75分、ブリッジ90分のシンタリング時間
  • 酸化ジルコニウムを使用した、高透明度のフルアナトミカル修復物用急速シンタリングプログラム
  • シンプルで簡単な操作
  • パワーセービング機能(省エネ設計)
  • コンパクトなデザインでわずか27kg
  • 温度キャリブレーション機能
  • ファーネスの状態を示すOSD(オプティカル・ステータス・ディスプレイ)
  • PrograBase3のソフトウェアをインストールしたPCによるリモートコントロール

 

一般的名称:歯科技工用ポーセレン焼成炉
届出番号:13B1X10049IVE022
販売名:プログラマットS1 1600
一般医療機器

magnifying glass
 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close