Ivoclar Vivadent
Japan

Search

製品 Q&A

【歯科医師様向け】

Q IPS e.max プレス修復物の仮着は可能でしょうか。
A 破折するため、仮着できません。

QIPS e.max プレス修復物の咬合調整はセメント接着後に行いますか。

A セメント接着後に行います。セメントの情報はこちらからご確認ください。

http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/p/dental-professional/products/luting-material/adhesive-luting-composite/

Q IPS e.max プレス修復物の接着後、咬合調整は何を使用したら良いですか。
A Ivoclar Vivadentのオプトラファインをお勧めします。製品情報はこちらからご確認ください。

http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/p/dental-professional/products/clinical-accessories-instruments/polishing-systems/optrafine

【技工士様向け】

Q IPS e.max プレスインゴットは何個まで同時に使用できますか。
A S、Lサイズを単体で使用してください(重ねて使用しないでください)。

Q 酸化ジルコニウムのフレームにIPS e.max プレスをプレスできますか。
A 熱膨張係数が異なるため、プレスできません。IPS e.max ジルプレスを使用してくださ い。製品情報はこちらからご確認ください。

http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/p/laboratory-professional/products/all-ceramics/ips-emax-system-technicians/

Q IPS e.max セラムの築盛に水道水を使用しても良いですか。
A 水道水には、塩化物やフッ化物、ミネラル等が含有しており、その量が場所により異なります。常に同じ条件で築盛できるよう蒸留水を使用してください。製品情報はこちらからご確認ください。

http://www.ivoclarvivadent.jp/jp/p/all/products/all-ceramics/ips-emax-system-technicians/ips-emax-ceram

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close