IPS e.max キャド・ジルキャド クリニカルコース 2020

日時

11.10.2020
10:30 〜17:30

ICDE Tokyo-Ivoclar Vivadent 株式会社セミナールーム
東京都文京区本郷1-28-24-3F
〒113-0033 Tokyo 東京
日本

費用

33,000円(消費税込、材料・昼食代含む)

言語

日本語

定員 10名(受付中)
対象:歯科医師
本コースは、歯科医師様向けとなっておりますが、歯科技工士様も参加可能となっております。
※「ご質問/メッセージ欄」に歯科医師様、または歯科技工士様をご記入の上お申し込みください。


※ 予約ボタンから送信できない方:下部にある「私はロボットではありません」にチェック後、送信ボタンを押してください。

予約する

CAD/CAM診療を成功に導くための
ドクターコース

IPS e.max キャドは高い強度と審美性を兼ね備え、幅広い症例に適応します。これにより患者満足度の高い CAD/CAM 診療を実現可能にしました。また、最近は酸化ジルコニウム(ジルコニア)の修復物も一般的に臨床で使われるようになり、「強度」以外にも、審美的にも優れた製品が出てきました。イボクラールビバデント社から新発売となった「IPS e.max ジルキャド MT マルチ」は、強度はもちろん、審美的にも優れており、ジルコニアをどのような症例に使用すれば良いかお悩みの歯科医師の方も多いのではないかと思います。本コースでは、従来のIPS e.max キャドとジルキャド MT マルチの比較と臨床応用に向けてのアドバイス、そしてチェアサイドで可能なステイニングテクニックを実習します。このステイニングテクニックは歯科医師が行う作業としては至って簡単かつ合理的な修復物の製作方法です。明日からの臨床チェアサイドですぐに役立つ情報を習得できます。


スケジュール

午前:講義(CAD/CAM 及び IPS e.max キャド・ジルキャド の概要)
午後: IPS e.max キャド:2 in1テクニックによるステイン実習
    IPS e.max ジルキャド:ステイン実習 / 講義:オールセラミックスに必要な形成・取扱いの注意点、確実な接着について・臨床例/質疑応答

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close