「IPS e.max セラム」の新たな陶材を新発売

Ivoclar Vivadent 株式会社(東京都文京区 代表取締役社長 毛塚 耕史)は、IPS e.max セラムの新しい築盛陶材を2016 年5 月2 日に発売致します。
IPS e.max セラムは、IPS e.max システムを構成する全ての材料への築盛やキャラクタライゼーションを可能にしたナノフルオロアパタイト ガラスセラミックスです。1 つの陶材でフレーム材料(IPS e.max または酸化ジルコニウム)を選ぶことなく築盛でき、天然歯を追求する審美的な修復物を製作できます。

フレームの透明度に対する明度コントロール
需要が増す高透明性酸化ジルコニウムは反射光が弱く明度を低下させるため、その明度の低下を補うパワーデンチンとインサイザル材が新登場です。IPS e.max にも酸化ジルコニウムにも同じシェードコンセプトで築盛でき、IPS e.max システムの可能性を広げる新たな陶材です。

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close