プログラマット: 40年間一歩先を走り続けたファーネス

発売から40年を記念して、Ivoclar Vivadentはキャンペーンを実施します。

プログラマットは、発売から40年を迎えます。1977年、Ivoclar VivadentはInternational Dental Show (IDS)で初代プログラマットを発表しました。発表に先立ち、この製品は幅広くテストを行いました。そして、プログラマットは一歩先を行く信頼度の高いブランドとして、世界中に認められています。これが、40年という記念すべき日を迎えられた理由です。

初代プログラマット(P1)は、焼成テーブルはそのままに、焼成炉の部分を開閉させる、新しい機構を採用しました。当時、セラミックス修復物はトレイを焼成炉の中に移動する事で焼成を行っていました。このシステムの場合、焼成テーブルが移動している時に焼成炉に引っかかり、修復物が傾いたり落下する危険がありました。この問題は新しいファーネスP1の登場により解決されました。以降、全ての後継モデルにこの機構が採用されています。

多機能なファーネス
これまでプログラマットは世界中で称賛されてきました。最新の販売実績調査によると、プログラマットはセラミックスファーネス市場のマーケットリーダーを維持しています。歯科技工士の間で、プログラマットという名称は、一歩先を行く機能を持ち、簡単な操作方法で、高品質で長期安定性と信頼性が高い焼成結果が得られるファーネスと認識されています。長年にわたり、Ivoclar Vivadentは継続的に進化したファーネスを開発し、さらに利用者の利益になるために操作方法の改善をしています。

ニーズに合わせた3製品
現在、プログラマットは異なる特長を持った3種類から構成されています(プログラマット P310, P510, P710)。最高級モデルはP710で、幾つかの新機能が採用されています。内蔵された赤外線カメラは炉内の修復物を検知し、その温度を測定します。DSA機能はデジタル機能を使用し、歯のシェードを測定します。

2017年3月までのキャンペーン
Ivoclar Vivadentは発売40年を記念して、特別キャンペーンを実施いたします。本キャンペーンでは、世界で最も古いプログラマットファーネスを探します。該当者にはカスタムメイドされたプログラマット P710 SEをIDS 2017 (ケルン、ドイツ)でプレゼントいたします。詳細な情報については、下記サイトをご確認ください。

http://www.ivoclarvivadent.com/en/40years

 

プログラマットはIvoclar Vivadent AGの登録商標です。

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close