IPS e.max 国際シンポジウム in Berlin & ICDE 研修コース

magnifying glass

第1回 Ivoclar Vivadent IPS e.max 国際シンポジウム International Expert Symposium in Berlin

Ivoclar Vivadent のIPS e.max で製作された修復物は、発売以来4,000万症例以上が口腔内に装着されました。そして、この間様々な研究がなされています。今年、Ivoclar Vivadent では、その研究結果をまとめた”Scientific Report" を発表しました。しかし、IPS e.max システムは、更に進化し続け、現在ではわずか0.3mmのシンベニアからインプラント上部構造まで、その適応範囲を広げています。

今回、それにふさわしい記念すべき第1回IPS e.max 国際シンポジウムがベルリンで開催されることになりました。"All Ceramics meets Implant Esthetics" は、Ivoclar Vivadent の3本柱の2つ"All Ceramics" と "Implant Esthetics" の融合です。各国のIPS e.max オピニオンリーダーが勢ぞろいするシンポジウムに是非ご参加下さい。

http://www.ivoclarvivadent.com/ies2012/de/

 

magnifying glass

ICDE 研修コース ~Implant Solution Training Course in Lichtenstein~

現在、インプラント上部構造は、咬めるという機能だけでなく審美性をも求められています。そのため、All Ceramics の応用は不可欠なものになりつつあります。そこで、Ivoclar Vivadent では、360~400MPa のニケイ酸リチウムと900MPa の酸化ジルコニウムを使用したIPS e.max システムによるインプラント上部構造 "Implant Solution" を提案しています。

今回のコースは、Implant Solution の全貌と、それを成功に導くためのテンポラリーレストレーション及びセメンテーションからインプラントレストレーションを含め学んでいただく1dayトレーニングコースです。審美性と強度を合わせ持つIPS e.max をインプラント支持補綴でご使用いただくために、是非ご参加下さい。

研修内容:

  • IPS e.max プレス アバットメントソリューション ~なぜ今インプラント上部構造にニケイ酸リチウムなのか ~IPS e.max を使用した上部構造のインディケーションと方法
  • テンポラリーレストレーション
  • セメンテーション ~仮着vs 接着
  • インプラントケア

 

【スケジュール】 2012年9月13日(木)~20日(木)

9/13(木) 午前 成田発⇒ベルリン着

シンポジウムコース: 9/14(金)VIP イベント及びオープニング 15(土)International Expert Symposium 16日(日)ベルリン観光ツアー 17日(月)ベルリン発⇒成田着(9/18早朝着) 

ICDE 研修付きコース: 9/17(月)ベルリン⇒チューリッヒ⇒リヒテンシュタイン公国 9/18(火)ICDE 研修 9/19(水)チューリッヒ発⇒成田着(9/20早朝着)  

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close