「IPS e.max プレスMT インゴット 新シェード」および 「IPS スタイル セラム Paste オペーカー」を新発売

Ivoclar Vivadent株式会社(東京都文京区 代表取締役 犬飼 清)は、
IPS e.max プレス MT新シェードおよびIPS スタイル セラム Paste オペーカーを2020年9月23日に発売します。

「IPS e.max プレス MT インゴット 新シェード」
MTシェードに、A3.5、B2、C1、C2、D2のSサイズとLサイズがラインナップに追加され、シェードの種類がますます豊富になり、インゴット選択のバリエーションが増えます。

特長
IPS e.max プレス MT(ミディアムトランスルーセンシー) インゴットは、HTとLTの中間程度の透明度を持っています。ステイニングやカットバックテクニックにより、HTより明度が高く、LTより透明度が高い修復物を製作できます。
・曲げ強度:470MPa
・厚さ1mmのクラウン、0.3mmのべニアなどさまざまな修復物に適応

 

「IPS スタイル セラム Paste オペーカー」

これまでのPowder オペーカーに加え、Paste オペーカーを追加し、2種類のオペーカーから、お好みでご使用しやすいタイプを選択できるようになります。

特長
Powder オペーカーと同じくオキシアパタイト結晶を多く含んでいるPaste オペーカーは、金属フレームワークのメタル色の遮断に適しています。

 

一般的名称:歯科加圧成形用セラミックス(JMDN:70806020)
販売名:IPS e.max プレス
認証番号:220AGBZX00010000/管理医療機器

一般的名称:歯科メタルセラミック修復用陶材(JMDN:70802000)
販売名:IPS スタイル
認証番号:229AGBZX00072000 / 管理医療機器



magnifying glassmagnifying glass
 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close