「IPS e.max Smile Award 2016」を開催

IPS e.max SmileAward 2016magnifying glass

Ivoclar Vivadent 株式会社(東京都文京区 代表取締役社長 熊澤 英明)は、世界で最も審美的なオールセラミックス修復症例を募集する「IPS e.max Smile Award 2016」において、日本からの募集開始を発表します。
このコンテストでは、世界各国から募集された応募作品の中から、審美性・複雑性・調和等の観点で、国際的に著名な審査員の方々によって評価され、受賞者が決定されます。2016 年6 月10 日、スペインのマドリードで開催されるシンポジウム(International Expert Symposium)の前夜祭において入賞者を発表し、表彰致します。

 

IPS e.max
IPS e.max は世界の代表的なオールセラミックス システムです*。これまで数々の症例で使用され、10 年に渡る臨床研究と1 億に及ぶ修復物において、このシステムを構成する製品が使用されてきました。豊富な透明度が織りなす審美性と、高い曲げ強度を併せ持つだけではなく、シンベニアからロングスパンまで幅広いケースに対応する柔軟な製品群で構成されています。2014 年には1 回のプレス工程で歯頸部から切縁部のグラデーションを再現するMulti インゴットも登場し、より多彩で先進的なシステムとして進化を続けています。

* 売上に基づく

開催概要
• 日本語表示に対応した、専用ウェブサイトから応募して頂きます。
www.ipsemax.com/ja/smile-award で登録後、各症例をアップロードして頂きます。
• 歯科医師および歯科技工士のチームで応募(パートナーの情報を入力)してください。
• 未発表で6 歯以上のオールセラミックス修復症例で、写真や動画を使用して、詳細な説明が必要です。応募要件の詳細は、ウェブサイトをご覧ください。
• 応募締切は2016 年2 月28 日とし、世界400 チームの参加で募集を締め切らせて頂きます。
• 世界4 つの地域からそれぞれ上位3 チームを選出し、表彰致します。
• 受賞作品はソーシャルメディア・展示会やイベントなどを通じて広く世に紹介されます。

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close