IPS e.max キャドオン

magnifying glass

2011年6月21日発売

ニケイ酸リチウムと酸化ジルコニウムの融合 

Ivoclar Vivadent が開発した新しいCAD-onテクニックにより、強度と審美性を兼ね備えたIPS e.max キャド (ニケイ酸リチウム ガラスセラミックス) と900MPaを超える曲げ強度を有するIPS e.max ジルキャド(酸化ジルコニウム)を結びつけます。

この2 つのパーツは、 Sirona inLab ソフトウェア V3.81 を使用して設計され、Sirona inLab MC XL ユニットでミリングします。IPS e.max ジルキャドフレームは、時間をセービングするためプログラマットS1でシンタリングします。同時製作と短時間加工により、生産性が上がり、作業時間を最大 40 %に削減することができます。

このニケイ酸リチウムと酸化ジルコニア フレームをつなぐのが、IPS e.maxキャド クリスタルコネクトです。このガラスセラミックスは、あらかじめ一定量が小分けされていますので、練和する陶材に比べて安定性がよく、専用バイブレーターのイボミックスで撹拌することで、適度な流動性を持ちます。

Ivoclar Vivadent のファーネスで焼成及びクリスタライゼーションを行うことで、強固で均一なフュージョンを実現し、ワンステップで最終的な物性を得られます。修復物はその後、修正やキャラクタライゼーションを施し完成させます。

適応

  • 単冠クラウン
  • 3-4 ユニットのブリッジ
  • インプラント上部構造(単冠、3-4 ユニットのブリッジ)

 

許認可

一般的名称:歯科切削加工用セラミックス
販売名:IPS e.max キャドオン
認証番号:223AGBZX00092000
管理医療機器

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close