「プログラマット P710 」を新発売

Ivoclar Vivadent 株式会社(東京都文京区 代表取締役社長 毛塚 耕史)は、高機能な歯科技工用ファーネス「プログラマット P710」を2016 年5 月2 日に発売します。
プログラマットは、長きに渡り世界中の様々な環境で臨床を支え、実証を繰り返してきたファーネスです。IPS e.maxをはじめ、高品質なIvoclar Vivadent 製品が、簡単にご使用頂けます。

DSA(デジタルシェード測定)機能
新しくプログラマットに加わった専用のDSA(デジタルシェード測定)機能により、信頼できるシェードを簡単に決定できます。
撮影した歯のシェードを、選択した3 本のシェードガイドと比較して自動で識別し測定します。
測定した歯に一番近いシェードを表示します。

赤外線カメラの特長
プログラマットP510 同様に、赤外線カメラから得られる情報を元に、炉内にある修復物の数やサイズ、適切な乾燥状態をファーネスが把握し、自動で調整します。これにより、数やサイズ等の違いによる品質のバラつきを抑え、再現性がある修復物製作ができます。また、セラミックスのクラック、破折を防ぎ、乾燥工程にかかる時間を最大で20%短縮できます。

より安定した品質
プログラマットP310/P510 同様に、底面からも熱を伝える新しい「SiC 焼成テーブル」を採用し、さらに、耐久性が向上したマッフル(QTK2)との組み合わせで、より均一な熱伝導と焼成で、高品質な修復物を安定して製作できます。


新しい特長

  • DSA(デジタルシェード測定)機能
  • Bluetooth 接続によるハンズフリー電話機能
  •  3 段階焼成プログラムおよび2 段階徐冷プログラム
  • グレーズ調整機能
  • 日本語による音声ガイダンス

その他の特長
  • マッフルの耐久性が従来機種*1 に比べ25%向上
  • マルチメディア機能(PDF 表示、画像表示、動画再生、画像再生)
  • 無線LAN 接続によるプログラマットアプリとスマートフォン間での情報伝達
  • 2 つの温度域でキャリブレーションができるATK2 を使用して、正確な温度で焼成可能
    *1 プログラマットP700


 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close