「アキュデント XD」を新発売!

Ivoclar Vivadent 株式会社(東京都文京区 代表取締役 毛塚 耕史)は、高精度の義歯製作用印象材「アキュデント XD」を2016 年9 月1 日に発売します。
トレー材とシリンジ材を組み合わせて使用し、それぞれの特長を活かした高精度の印象が採れるため、自由診療のデンチャー製作に適しています。Ivoclar Vivadent が推奨する義歯製作システムである、BPS® のコンセプトに沿った概形印象採得には欠かせない、次世代の印象材です。

相性が良い、シリンジ材とトレー材
粘度や流動性が異なる2 種類の印象材は相性が良く、シリンジ材はチクソトロピー性があり細部再現性に優れ、トレー材は流れにくくなっています。また、トレー材は練和が完了すると色が変化し、口腔内にセットするタイミングが分かりやすくなっています。

BPS®(生体機能的補綴システム)
BPS® はIvoclar Vivadent とヨーロッパの歯科大学や開業医が共同で開発した、高品質な義歯製作システムです。
トレーニングを受けた歯科医師および歯科技工士のチームが製作できる認定制度をとっており、近年は日本の歯科大学でも教育に取り入れられています。

その他の特長
• 気泡が入りにくく、取り扱いが容易で、材料間の境目が出にくい印象材
• 1 回分が個包装になっており、専用のカップで水量も簡単に計量可能
• 先に操作するシリンジ材の硬化時間が長く、一人でも操作が可能

概 要
発売日:2016 年9 月1 日
一般的名称:歯科用アルギン酸塩印象材
販売名:アキュデント XD
構成品:シリンジ マテリアル、トレー マテリアル、トレー、トレーアドヒーシブ、シリンジ、チップ

認証番号:228AGBZX00044000 / 管理医療機器


magnifying glass
 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close