magnifying glass

IPS e.max Scientific Report

IPS e.maxは、プレステクニック・CAD/CAMテクニックと一緒に使用する審美性の高い二ケイ酸リチウムや高強度酸化ジルコニウムの製品で構成されています。IPS e.max システムは、材料・加工技術の開発により、歯科市場を紛れもなく変化させ、メタルフリーのフルクラウン修復物を躍進させました。
臨床での審美的・物性的に優れた成果は、歯科医師・歯科技工士から高い満足度を得ています。
この成功を収めるには、いくつかの領域で卓越した技術を開発し、このシステムを使って市場で「どのように展開していくか」の明確なビジョンを持つことが必要とされました。そのため多くの時間を研究に費やし、様々な技術的な問題を解決してきました。
幅広い特許の取得と技術的に洗練された製造工程により、Ivoclar Vivadentは市場において際立った地位を確立し、そして焼成炉プログラマットやセメント・光照射器など、広範囲において材料・機器類を開発しています。今や、IPS e.maxは効率的で審美的そしてオールセラミックレストレーションとしてのスタンダードになりました。
IPS e.max システムは歯科医師・歯科技工士の要求に応え、臨床に適応しながら発展し続けています。色調や透明感の選択肢も増え続け、グラデーションタイプのIPS e.max プレス Multi インゴット、チタンベースとの組み合わせで上部構造を製作できるIPS e.max プレス スーパーストラクチャーソリューションや高い強度とグラデーションを有するIPS e.max ジルキャド MT Multi ディスクが、商品をさらにより良くしています。
これらの商品開発・市場への参入には、世界中の歯科技工士・歯科医師・オピニオンリーダー・大学からの長年のサポートが必要不可欠でした。これを念頭に置いて、私たちに惜しみなくお力をお貸しくださった皆様に感謝したいと思います。
IPS e.max システムは、これからも歯科市場に影響を与え続け、そして臨床結果は、これからの歯科の参考資料として役立つでしょう。IPS e.maxほど研究され、十分な臨床試験結果を公表している製品は他にはありません。このScientific Reportは、これまでの長年に渡る研究結果を示しています。

Dr Thomas Hirt / Dr Arnd Peschke

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close