IPS e.max セラム

二ケイ酸リチウムから酸化ジルコニウムまで

IPS e.max  プレス/CAD(二ケイ酸リチウム)、IPS e.max ジルキャド(酸化ジルコニウム)に共通して使用できる、築盛陶材です。CTE値を最適化することで、幅広くあらゆるオールセラミックフレームに築盛可能です。また、750℃の焼成温度は、フレームの構造変化や破壊を抑制します。 

IPSemaxCerammagnifying glass

 

 

天然歯のような審美性

天然歯のようなマイクロ(100-300nm)およびナノ(1-2μm) フルオロアパタイト結晶を含み、それぞれオパール効果と不透過性をコントロールし、まるで天然歯のような審美性を再現します。

IPSemaxCeram02magnifying glass

 

 

 

 

 

 

 

 

許認可
一般的名称:歯科用陶材
販売名:IPS e.max セラム
認証番号:220AGBZX00080000
管理医療機器

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close