この製品は、「Fixed Prosthetics – ラボサイド (固定式補綴物)」に分類されます。

magnifying glass

プログラマット P310

プログラマット P310はコンパクトなデザイン、シンプルな操作性をコンセプトに基本機能を凝縮した歯科技工用ポーセレンファーネスです。


新しいカラータッチパネルの採用と従来からのキーパッドによって、今までのプログラマットP300よりも簡単に操作ができます。
IPS e.max、IPS デザイン、IPS インライン、IPS エンプレスと言ったIvoclar Vivadentのセラミックス用焼成プログラムがあらかじめ設定されています。必要に応じて操作範囲を制限できます。
さらにプログラマット P310はQTK2マッフルテクノロジーを採用することでマッフルの耐久性を向上させ、より均一な熱放射で、より高い品質の修復物の製作が可能になりました。また、新しい二重バルブバキュームシステムにより騒音の軽減と結露の抑制を実現しています。

特長

  • 洗練されたデザイン
  • カラータッチパネルとキーパッド
  • 大きなアイコンによる簡単操作
  • SiC焼成テーブルとQTK2マッフルテクノロジー
  • パワーセービング機能
  • OSD(オプティカル ステータス ディスプレイ)・トングホルダーを標準装備
  • 300種類のフリープログラム
  • 二重バルブバキュームシステム

 

許認可

一般的名称:歯科技工用ポーセレン焼成炉
届出番号:13B1X10049IVP310
一般医療機器

magnifying glassmagnifying glass
 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close