この製品は、「Fixed Prosthetics – ラボサイド (固定式補綴物)」に分類されます。

magnifying glass

プログラマット CS3

プログラマットCS3は、IPS e.max キャド用に設計された、臨床を支える上位モデルのポーセレンファーネスです。

液晶画面はCS2より大きい7インチのカラータッチパネルを採用し、従来からのキーパッドと組み合わせて簡単に操作ができます。あらかじめIPS e.max キャドおよびIPS エンプレス CAD用の焼成プログラムが7種類設定されています。この中には、スピードクリスタライゼーション用プログラムも含まれており、最短15分でクリスタライゼーションができます。また、これらの標準プログラムとは別に30種類のフリープログラムを設定できます。
新しくプログラマットに加わった専用のDSA(デジタルシェード測定)機能により、撮影した画像でシェードを識別します。撮影した歯のシェードと、選択した3本のシェードガイドを比較して自動で測定し、最も近いシェードを表示します。
CS2と同様にQTK2マッフルテクノロジーによりマッフルの耐久性が向上し、より均一な熱放射で、より高い品質の修復物製作が可能になっています。また、二重バルブバキュームシステムにより、騒音の軽減と結露の抑制を実現しています。 


新しい特長

  • シェードを識別できるDSA(Digital Shade Assistant)デジタルシェード測定機能
  • 7インチの大型カラータッチパネルで、わかりやすい簡単な操作
  • 各工程の進行状況によって、残りの時間を視覚的に把握できるプログレス ディスプレイ
  • 動画や画像表示に加え、音楽再生もできるマルチメディア機能
  • 無線LAN接続によるプログラマットアプリとスマートフォン間での情報伝達

その他の特長

  • 人間工学に基づく洗練されたデザイン
  • キーパッドとタッチパネル、アイコン選択を組み合わせた、わかりやすい簡単な操作
  • SiC焼成テーブルとQTK2マッフルテクノロジーの均一な熱放射により、焼成の品質が向上
  • IPS e.max キャド単冠2個までのスピードクリスタライゼーションプログラム
  • ATK2を使用した手間の少ない自動温度キャリブレーション
  • パソコンと直接接続せず、USBメモリを使用したアップデート
  • 消費電力を抑えられるパワーセービング機能
  • 進行状況が分かるOSD(オプティカル ステータス ディスプレイ)
  • 二重バルブバキュームシステムによる騒音の軽減と結露の抑制


許認可
一般的名称:歯科技工用ポーセレン焼成炉
届出番号:13B1X10049IVPCS3

 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close