magnifying glass

プログラマット S2

コンパクトサイズのシンタリングファーネス「プログラマット S2」は、IPS e.max ジルキャド を始めとする酸化ジルコニウム材によるコーピング、フレームワーク、クラウンを最高温度1600℃でシンタリングすることができます。プログラマット S2によるシンタリングは、Ivoclar Vivadent社の一貫した歯科修復物製作システムのプロセスとして組み込まれており、シンタリングが適切に行われるため、安定した高品質の修復物の製作が可能です。


充実した機能 

オプショナルキャリブレーション機能

  • ステップごとの操作説明で簡単にご自身でキャリブレーション(温度校正)が可能です。

豊富なプログラム

  • 3段階焼成プログラムおよび2段階徐冷プログラムを組み合わせることが出来るため、豊富なオプションの中から適切な酸化ジルコニウムのシンタリングプロラムを設定することができます。

最高温度1600℃のシンタリングが可能

  • 均一な熱伝導率を実現したヒートエレメントは、最高温度1600℃のシンタリングが可能で、安定的なシンタリングを実現できます。


magnifying glassmagnifying glass

パンフレットはこちらから

取扱説明書はこちらから


ビデオはこちらから

 
プログラム表はこちらから

 

S2 videomagnifying glass

 

 

 

 

 

 

 

一般的名称:歯科技工用ポーセレン焼成炉
販売名:プログラマット S2
届出番号:13B1X10049IVPS20/ 一般医療機器


 
【注意事項】
本サイトの情報は日本国内の歯科医師、歯科技工士および歯科衛生士等の歯科医療従事者の方を対象にしたものです。一般のお客様を対象に情報提供をするサイトではない事をご了承ください。 あなたは歯科医療従事者ですか?
 
はい
 
 
 
いいえ
 
 
 
キャンセル
 
 
 
Close